東京で注文住宅の家を建てたい人が知っておくと良い知識が詰まったサイトです

東京で注文住宅を建てたい人に読んでほしいサイト

東京23区内のどこかで注文住宅を建てたいという希望を持っている人は多いのではないでしょうか。注文住宅を建てるメリットは、自分達の理想通りの住宅に住むことが出来ると言うことです。男性ならば、趣味の部屋や書斎を作るのも自由ですし、女性ならばキッチンや子供部屋にお金をかけて理想通りの満足感を得られる生活をすることも可能になります。ですが、東京23区に注文住宅を建てるとなると、東京という立地のいい場所故に、さまざまな制限が加わります。理想の家を建てるはずが、逆に暮しにくくなってしまったと言う場合や、制限が多くて、お金は十分にかけてみたものの、建売住宅と同じような家になってしまったということが考えられます。そこで、東京で注文住宅を建てるに当たり注意することはどのようなことでしょうか。

土地の問題をどのように考えるか

23区では家を建てにくいという話はありますが、これは環境の問題と言うよりも地価の問題、つまりお金の問題として認識をしている人がほとんどのはずです。具体的な数字で言えば、23区の住宅地の土地は、埼玉県や千葉県、神奈川県の中心部の土地よりも2倍から3倍の値段がかかります。23区内の地価は1坪およそ175万円です。一方、東京寄りの神奈川県や千葉県、埼玉県の周辺の地価は1坪60万円から70万円ぐらいになります。つまり、同じ金額を支払っても、周辺の都道府県の2分の1から3分の1程度の土地しか買うことが出来ないと言うことになります。逆に、面積は一緒で、2倍から3倍の金額を支払わなければならないことになります。そこまでしても23区に住まなければならない理由や、利便性の高さに魅力があるのであれば、注文住宅を建てた方がいいでしょう。

都内で狭小住宅を建てるという選択

東京都内で狭小住宅を建てるという選択もあります。狭小住宅の明確な定義はありませんが、普通の住宅よりも狭い土地の上に建てた住宅のことです。一般的な住宅は30坪から40坪ぐらいの土地に建物を建てますが、狭小住宅の場合はだいたい15坪ぐらいの土地に建物を建てていることが多くなります。当然駐車場のスペースはありません。車を置きたいなら、一階部分を潰して車庫にする方法ぐらいしかありません。ただ、居住面積を考えると駐車場や車庫は諦めた方が生活はし易いでしょう。狭小住宅のメリットは、土地が安いので住宅の建築にかかる費用が安くなるのはあたり前として、住み始めてからは、光熱費や固定資産税などが安くなります。一方、問題点としては隣の家との間隔が狭いので窮屈な感じになるのは否めません。室内の空間も一定の制限があります。それを妥協点として考えられるなら、狭小住宅もありでしょう。