東京で注文住宅の家を建てたい人が知っておくと良い知識が詰まったサイトです

東京で注文住宅を建てるのに役立つ情報がここにあります

東京都と一概に言っても範囲が広く、エリアによって土地の値段は全く変わってきます。土地の値段だけで考えると、安い土地が予算上も負担が軽くなり良いという人はいますが、職場や保育園、幼稚園、子供の学校などの距離を考えた時に、少しでもアクセスの良い場所にマイホームを建てたいという人もいます。価格が上がる為、予算内で土地を探すとなると、狭い土地のような場所しかありません。都内のアクセスの良い場所となると、注文住宅を、建てることができるのかと疑問に思うほどの小さな土地になります。しかし、工夫次第で狭い土地でも立派なマイホームを建てることは可能です。例えば、縦型の箱をイメージするとわかりやすいですが、3階建てのような建物で設計をすることで、マイホームを建てることができます。

一生住みたい家だから徹底的に将来の生活を計画する

東京の土地の値段や、広さを考えた時に、都内のアクセスの良い場所にある土地はとても高い価格ばかりです。そこで、少し離れた郊外と呼ばれる場所になると、都内に比べるとリーズナブルな価格になりますが、通勤や通学を考えた時に、毎日のことになるので、とても負担が大きいです。狭い東京の土地でもアイデアと工夫で注文住宅を建てることは十分可能です。例えば、将来子供が何人ほしいのか、将来共働きを続けるのか、落ち着いたら、妻は専業主婦になるのかなど、細かいライフプランをしっかりと設計することがとても大切です。将来の設計を見据えた上での土地選びが、非常に重要になります。生活の基盤になる家ですから、妥協はせずに住み易い場所に、住居を構えることが一生満足できる家になります。

狭い土地でも工夫次第で家族全員住めるマイホームになる

狭い土地は、注文住宅などには不向きだと諦める人がいますが、それは設計士に相談をすることで必ず解決できる建築士との出会いがあります。例えば、3階建ての住居にすることで、縦に広がりを見せることが可能ですし、階段もスキップフロアを多用することで、空間に狭さを感じさせない家作りが可能です。一階部分は日が当たりにくいなどの、デメリットが多い為、寝室など家族のプライベート空間にして、二階以上をリビング、キッチン、子供部屋などのスペースにすることで、日中は日が差しますので光を十分に取り込むことが可能です。そして、庭などのスペースの確保が難しい場合は、バルコニーなどでちょっとしたお茶を楽しむ場所も設計できます。このように、アクセスの良い都内の狭い土地でも、マイホームを建てることが可能です。