東京で注文住宅の家を建てたい人が知っておくと良い知識が詰まったサイトです

東京で注文住宅を建てる前に読むべきサイト

東京で注文住宅を建てる場合には、さまざまなハードルを越えなければなりません。まず一つが金銭的な問題です。注文住宅を建てるときには土地を確保しなければなりませんが、都内で一戸建てを建てるためにそれなりの広い土地を購入すると、結構な金額がかかってしまいます。なぜなら、都内の地価はそれ以外の都道府県の地価の2倍から5倍ほどするのが当たり前だからです。都内に接する地域に土地購入する場合に比べると、その半分程度の土地しか買うことができないのです。つまり、土地を購入するには狭い土地を購入するか、たくさんのお金を支払って平均的な広さの土地を購入するしかありません。もう一つは、地盤の問題です。土地を購入したとしても地盤が弱ければ、そのままではそこに安心して住むことはできません。以上2点について説明をしていきます。

東京23区での注文住宅の金額を知る

東京23区ですでに土地を持っていれば別ですが、そうでなければ都内の土地の金額について知ることから始めなければなりません。まず、23区内でも土地の値段は大きく異なります。安いところでは1坪100万円をかろうじて切っている所もありますが、高い所では、900万円を超えているところがあります。都内の地価を平均すると1坪175万円ほどになります。この数字で考えて行くと、20坪の土地を購入すると、それだけで3,500万円になります。その上に建物を建てますが、注文住宅の平均的な坪単価は60万円ぐらいですので、3階建てにするとして、建坪30坪ほどになります。すると、1,800万円ほどがかかります。その他諸費用などを含めると合計で5,500万円ほどの金額を考えなければなりません。

東京23区の注文住宅の土地について

東京23区の土地をすでに持っていれば別ですが、新しく土地を購入する場合には、その土地の地盤について考えておかなければならないでしょう。地盤が緩ければ、住宅の建築費用に地盤改良費用がかかってしまいます。そこで、注文住宅用の土地を購入する前には地盤について調べる必要があります。地盤については各区が出しているハザードマップを見ることで調べることができます。地盤が弱い土地は埋め立て地などになります。埋め立て地は人工的に作った土地ですので、いざと言うときにひび割れなどが起こる可能性があります。地盤調査をして地震が来たときのために、コンクリートの杭を打っておく必要があります。また、23区内は谷間の土地がよくありますが、谷間の土地は水が流れ込みやすいので、洪水の危険がないかを注意する必要があります。